1. トップページ
  2. 駆け込み決算書作成
  3. 会社案内
  4. アクセス
  1. HOME > 
  2. 会社案内 > 
  3. 代表あいさつ > 
  4. 料金表 > 
  5. 経理代行用語集 > 
  6. 買掛金支払予定表とは

【経理代行用語集】 買掛金支払予定表とは

買掛金支払予定表とは、買掛金のスケジュール表のことです。

買掛金とは「掛けで買い物をする」という意味で、つまり代金を後払いで買い物をすることを意味します。

クレジットカード払いを思い浮かべるとわかりやすいと思います。

クレジットカード払いで買い物をすると、商品はすぐ手に入りますが、実際の支払いは2ヶ月後です。

これと同じで、企業は取引先から仕入れをする時に、いつもその場で現金払いをするわけではなく、例えば月末締め切りの翌月末払い、のようにお金を後払いにする契約を用います。

お金は後払いではありますが、経理というものには「発生主義」というものがあって「費用は発生した時に計上すべし」という原則のもと、実際に仕入れた時に「現金」という勘定科目のかわりに「買掛金」という科目を使って計上します。

つまり買掛金には発生した時と、実際の現金支払いにタイムラグが生じるということになります。
2~3件の買掛金管理なら支払い忘れもありませんが、これが20~30件にもなるときちんとしたスケジュール管理が必要になってきます。

買掛金支払予定表とは、買掛金の支払い忘れがないように、いつ発生して、いつ支払うのか、そして実際にいつ支払ったのかをスケジュール表にしたもののことを言います。
 

サービス開始までの流れはこちら
 
お気軽にご相談 お問い合わせください 0800-100-9674