1. トップページ
  2. 駆け込み決算書作成
  3. 会社案内
  4. アクセス
  1. HOME > 
  2. 会社案内 > 
  3. 代表あいさつ > 
  4. 料金表 > 
  5. 経理代行用語集 > 
  6. 減価償却とは

【経理代行用語集】 減価償却(げんかしょうきゃく)とは

長期にわたって使用できる固定資産(例えば車や建物など)について、取得にかかった費用を取得時に全額計上するのではなく、何年かに分割して計上することで、それを生み出すのにかかった収益と費用とを対応させようとする会計上のしくみのことです。

簡単にいうと、100万円で購入した車の償却年数が5年だった場合、100万円を初年度に全額費用して計上するのではなく、20万円ずつ計上するというのが減価償却の考え方です。

 

なぜ5年をかけて20万円ずつ計上するかというと、車は1年ではダメにならず、初年度に100万円をいっぺんに計上し、2年目以降に費用がゼロというのでは高価なものを5年間使用するという実態にそぐわないからです。

 

通常、費用を計上するときには多少のタイムラグがあるにせよ、現金の出費を伴いますが、減価償却を費用として計上するときには現金の支出を伴いません。

 

これの会計上のメリットとしては、現金の支出をしていないのに、費用として計上することにより収益を減らし、節税対策ができ、手許現金を残すことができます。

 

サービス開始までの流れはこちら
 
お気軽にご相談 お問い合わせください 0800-100-9674