1. トップページ
  2. 記帳代行サービス
  3. 経理代行サービス
  4. 駆け込み決算書作成
  5. 会社案内
  6. アクセス
  1. HOME > 
  2. 飲食店店長様向け勉強会

飲食店の店長様向けの勉強会を開催いたしました

 

今回は当事務所の関与先様で、店舗展開されている飲食店向けに、店長を対象として勉強会を開催致しました。
飲食店の店長様の開店時間に間に合うように、朝8時からの開催となりました。
朝早くからお集まり頂き、ありがとうございます。


ban.gif 

 

今回の勉強会の内容は、

1. 損益分岐点とは
2.損益分岐点売上高を先に算出する方法
3.利益を100万円出すためにはいくら売上が必要?


など、飲食店店長が絶対に抑えておかなければいけないポイントを勉強会して頂きました。

ban001.gif

 


一般的に、飲食店で重要な数字用語としては「FLコスト」というものがあります。

FはFOODで、食材費(仕入れ)のことです。

LはLABORの頭文字で労働者を意味し、人件費をあらわします。

標準的にFLコストは55~65%といわれていますが、高級レストランでは売価が高くなるため食材の比率は低くなり、サービス度が増すために人件費比率が高くなりますが、ファーストフード店などでは逆になります。

 

自分のお店のFLコストがどれくらいならば適切なのかは実際の数字を当てはめてみないとわかりません。

 

今回は、当事務所の関与先様ですので、実際にご自分のお店のFLコストなどの数字をもとに、目標利益を出すためにはどれくらいの売上が必要なのかも計算して頂きました。
実際のお店の数字を使用すると、単なる紙上の計算だけではなく、リアリティがありますね。



ban002.gif 

 

店長様も積極的に質問したりと熱心に取り組んでいらっしゃいました。

今回の勉強会のように、変動費、固定費、損益分岐点、FLコストなどの基本的な考え方が店長クラスに浸透しないと、飲食店で店舗展開を考えた場合、いつまでたっても自分たちで目標利益をだす、という意識改革ができません。

会社の経営者は税理士から教えてもらうことが出来ると思いますが、店長はある程度自分で数字を見れることが大切です。

本部で売上などを集計して、各店舗に資料を提出しても、店長が数字が読めなければ資料は生かし切れません。

いわゆる一般の飲食店向けセミナーとは違って、関与先様を対象とした勉強会は、リアルな数字を用いるのでより店長様にもわかりやすく、問題点も指摘しやすいというメリットがあります。

ぜひ、うちでも勉強会を開いてほしい!という企業様がいらっしゃいましたら、お気軽にお声掛けしてくださいませ。


す 

 

お問い合わせはこちらから

tel_bnr.jpg

  ◆会社案内  ◆スタッフ紹介 ◆料金表 ◆アクセスマップ ◆当事務所の9つの強み


bnr_book890.gif

keiridaikoubanar0719.gif

 bnr_booked006.jpg

 

 
 
サービス開始までの流れはこちら
mitumori.jpg
okyakusamanokoe0805.gif
dounyuujirei08051.gif
keiriokyakusama08051.gif
keirikonsarubanar10221.gif
syuttyoukeiribanar1022.gif
hojyokinsidebanar.png

ginkousidebanar.png

sikingurisidebanar.png

syomentennpubanar.png

syougun001.gif 

 

お気軽にご相談 お問い合わせください 0800-100-9674
 
subaruseturitubanar.jpg
すばる 相続サポートセンター最新[1].png
subarubanner[1].jpg